Kaspersky Security Center Web コンソールのインストール

2024年5月20日

ID 181968

このセクションでは、Linux オペレーティングシステムを使用しているデバイスに Kaspersky Security Center Web コンソールサーバー(単に「Kaspersky Security Center Web コンソール」とも表記)をインストールする方法について説明しています。インストールの前に、DBMSKaspersky Security Center Linux 管理サーバーをインストールする必要があります。

Kaspersky Security Center Web コンソールを Astra Linux に閉鎖ソフトウェア環境モードでインストールする場合は、Astra Linux に固有の手順に従ってください。

デバイスにインストールされている Linux ディストリビューションに応じて、次のインストールファイルのいずれかを使用します:

  • Debian の場合 — ksc-web-console-[ビルド番号].x86_64.deb
  • RPM ベースのオペレーティングシステムの場合 — ksc-web-console-[ビルド番号].x86_64.rpm
  • ALT 8 SP の場合 — ksc-web-console-[ビルド番号]-alt8p.x86_64.rpm

インストールファイルは、カスペルスキーの Web サイトからダウンロードして取得できます。

Kaspersky Security Center Web コンソールをインストールするには:

  1. Kaspersky Security Center Web コンソールをインストールするデバイスで、サポート対象の Linux ディストリビューションを使用していることを確認します。
  2. 使用許諾契約書(EULA)をお読みください。Kaspersky Security Center Linux 配布キットに EULA のテキストを含む TXT ファイルが含まれていない場合は、カスペルスキーの Web サイトからファイルをダウンロードできます。使用許諾契約書の条項に同意しない場合は、製品をインストールすることはできません。
  3. Kaspersky Security Center Web コンソールを管理サーバーに接続するためのパラメータを入力した応答ファイルを作成します。ファイル名を「ksc-web-console-setup.json」とし、フォルダーに次のように配置します:/etc/ksc-web-console-setup.json

    最小限のパラメータと、既定のアドレスとポートの内容を記載した応答ファイルの作成例は次のようになります:

    {

    "address": "127.0.0.1",

    "port": 8080,

    "trusted": "127.0.0.1|13299|/var/opt/kaspersky/klnagent_srv/1093/cert/klserver.cer|KSC Server",

    "acceptEula": true

    }

    Linux ALT オペレーティングシステム上に Kaspersky Security Center Web コンソールをインストールする場合、ポート番号 8080 はオペレーティングシステムによって使用されているため、ポート番号には 8080 以外の数字を指定する必要があります。

    同じ rpm インストールファイルを使用して Kaspersky Security Center Web コンソールをアップデートすることはできません。応答ファイルの設定を変更し、変更後の応答ファイルを使用して Web コンソールの再インストールを行いたい場合、Web コンソールをまずアンインストールしてから変更後の応答ファイルを使用して再インストールを行います。

  4. root 権限のあるアカウントでコマンドラインを使用し、Linux ディストリビューションに応じて拡張子が「.deb」または「.rpm」のセットアップファイルを実行します。
    • deb ファイルから Kaspersky Security Center Web コンソールをインストールまたはアップグレードするには、次のコマンドを使用します:

      $ sudo dpkg -i ksc-web-console-[ビルド番号].x86_64.deb

    • 「.rpm」ファイルから Kaspersky Security Center Web コンソールを実行するには、次のコマンドのいずれかを使用します:

      $ sudo rpm -ivh --nodeps ksc-web-console-[ビルド番号].x86_64.rpm

      または

      $ sudo alien -i ksc-web-console-[ビルド番号].x86_64.rpm

    • Kaspersky Security Center Web コンソールを以前のバージョンからアップグレードするには、次のコマンドのいずれかを実行します:
      • RPM ベースのオペレーティングシステムのデバイスの場合:

        $ sudo rpm -Uvh --nodeps --force ksc-web-console-[ビルド番号].x86_64.rpm

      • Debian ベースのオペレーティングシステムのデバイスの場合:

        $ sudo dpkg -i ksc-web-console-[ビルド番号].x86_64.deb

    これにより、セットアップファイルの展開が始まります。インストールが完了するまで待機します。Kaspersky Security Center Web コンソールが「/var/opt/kaspersky/ksc-web-console」ディレクトリにインストールされます。

  5. 次のコマンドを実行してすべての Kaspersky Security Center Web コンソールサービスを再起動します:

    $ sudo systemctl restart KSC*

インストールが完了したら、ブラウザーを使用して Kaspersky Security Center Web コンソールを開き、Web コンソールにログインします。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。