手動でのクラスターノードの開始と終了

2024年5月20日

ID 222447

Kaspersky Security Center Linux のフェールオーバークラスター全体を停止したり、メンテナンスでクラスターのノードの一部を一時的に分離したりする必要がある場合があります。その場合はこのセクションの手順に従ってください。別の方法でフェールオーバークラスターに関連するサービスやプロセスを開始または停止しないでください。データを損失する可能性があります。

メンテナンス目的でのフェールオーバークラスター全体の開始および停止

フェールオーバークラスター全体を開始または停止するには:

  1. アクティブノードで、/opt/kaspersky/ksc64/sbin に移動します。
  2. コマンドラインを開いて、次のコマンドのうち 1 つを実行してください:
    • クラスターを停止するには、klfoc -stopcluster --stp klfoc を実行します。
    • クラスターを開始するには、klfoc -startcluster --stp klfoc を実行します。

フェールオーバークラスターは実行したコマンドに基づいて開始または停止されます。

ノードの一部のメンテナンス

ノードの一部をメンテナンスするには:

  1. アクティブなノードで、コマンド「klfoc -stopcluster --stp klfoc」を使用してフェールオーバークラスターを停止します。
  2. メンテナンス対象のノードで、/opt/kaspersky/ksc64/sbin に移動します。
  3. コマンドラインを開き、コマンド「detach_node.sh」を実行してクラスターからノードを分離します。
  4. アクティブなノードで、コマンド「klfoc -startcluster --stp klfoc」を使用してフェールオーバークラスターを開始します。
  5. メンテナンスを行います。
  6. アクティブなノードで、コマンド「klfoc -stopcluster --stp klfoc」を使用してフェールオーバークラスターを停止します。
  7. メンテナンスしたノードで、/opt/kaspersky/ksc64/sbin に移動します。
  8. コマンドラインを開き、コマンド「attach_node.sh」を実行してクラスターにノードを接続します。
  9. アクティブなノードで、コマンド「 klfoc -startcluster --stp klfoc 」を使用してフェールオーバークラスターを開始します。

ノードのメンテナンスは完了し、フェールオーバークラスターに接続されます。

関連項目:

Kaspersky Security Center Linux のフェールオーバークラスターについて

シナリオ:Kaspersky Security Center Linux のフェールオーバークラスターの導入

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。