二段階認証からアカウントを除外する

2024年5月20日

ID 211462

使用中のアカウントに[一般的な機能:ユーザー権限]機能領域のオブジェクト ACL の変更権限がある場合は、二段階認証からアカウントを除外することができます。

ユーザーアカウントがすべてのユーザーに対する二段階認証のリストから除外されている場合、このユーザーは二段階認証を使用する必要はありません。

認証中にセキュリティコードをパスできないサービスアカウントの場合、二段階認証からアカウントを除外する必要がある場合があります。

二段階認証から複数のユーザーアカウントを除外する場合:

  1. メインメニューで、目的の管理サーバーの名前の横にある設定アイコン()をクリックします。

    管理サーバーのプロパティウィンドウが開きます。

  2. プロパティウィンドウの[認証セキュリティ]タブで、二段階認証の除外のテーブルで[追加]をクリックします。
  3. 表示されたウィンドウで以下を実行します:
    1. 除外するユーザーアカウントを選択します。
    2. OK]をクリックします。

選択したユーザーアカウントが二段階認証から除外されます。

関連項目:

シナリオ:すべてのユーザーに対して二段階認証を設定する

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。