セカンダリ管理サーバーへのインストールパッケージの配布

2024年5月20日

ID 6383

Kaspersky Security Center Linux を使用すると、カスペルスキー製品およびサードパーティ製品のインストールパッケージを作成したり、インストールパッケージをクライアントデバイスに配布したり、パッケージからアプリケーションをインストールしたりできます。プライマリ管理サーバーの負荷を最適化するために、インストールパッケージをセカンダリ管理サーバーに配布できます。その後、セカンダリサーバーがパッケージをクライアントデバイスに送信すると、クライアントデバイスでアプリケーションのリモートインストールを実行できます。

セカンダリ管理サーバーにインストールパッケージを配布するには:

  1. セカンダリ管理サーバーがプライマリ管理サーバーに接続されていることを確認します。
  2. メインメニューで、[アセット(デバイス)]→[タスク]の順に移動します。

    タスクのリストが表示されます。

  3. 追加]をクリックします。

    新規タスクウィザードが起動します。ウィザードの指示に従ってください。

  4. 新規タスク]ページの[アプリケーション]ドロップダウンリストで、Kaspersky Security Center を選択します。次に、[タスク種別]ドロップダウンリストから[インストールパッケージの配布]を選択し、タスク名を指定します。
  5. タスク範囲]ページで、次のいずれかの方法で、タスクが割り当てられるデバイスを選択します。
    • 特定の管理グループ内のすべてのセカンダリ管理サーバー用のタスクを作成する場合は、そのグループを選択して、グループタスクを作成します。
    • 特定のセカンダリ管理サーバー用のタスクを作成する場合は、それらのサーバーを選択して、タスクを作成します。
  6. 配布したインストールパッケージ]ページで、セカンダリ管理サーバーにコピーするインストールパッケージを選択します。
  7. インストールパッケージの配布タスクを実行するアカウントを指定します。自身のアカウントを使用して、[既定のアカウント]オプションをオンのままにすることもできます。または、必要なアクセス権を持つ別のアカウントを指定してタスクを実行することもできます。この場合は[アカウントの指定]をオンにしてそのアカウントの資格情報を入力してください。
  8. タスク作成の終了]ページで[タスクの作成が完了したらタスクの詳細を表示する]をオンにして、タスクのプロパティウィンドウを開き、既定のタスク設定を変更できます。変更しない場合は、後でいつでもタスク設定を変更できます。
  9. 終了]をクリックします。

    セカンダリ管理サーバーにインストールパッケージを配布するために作成されたタスクが、タスクリストに表示されます。

  10. 手動でタスクを実行するか、タスク設定で指定したスケジュールに基づいてタスクが起動するのを待つことができます。

タスクが完了すると、選択したインストールパッケージが、指定したセカンダリ管理サーバーにコピーされます。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。