ワークステーションの Kaspersky Endpoint Security for Windows インターフェイスへのアクセスの設定

2024年5月20日

ID 238933

組織のネットワーク上のアンチウイルス保護を Kaspersky Security Center Linux を介して集中モードで管理する必要がある場合は、以下の説明に従って、Kaspersky Endpoint Security for Windows ポリシーのプロパティでインターフェイス設定を指定します。その結果、ワークステーション上の Kaspersky Endpoint Security for Windows への不正アクセスと Kaspersky Endpoint Security for Windows 設定の変更を防ぐことができます。

ポリシーのプロパティの説明は、 Kaspersky Endpoint Security for Windows のヘルプを参照してください。

インターフェイスの推奨設定を指定するには:

  1. メインメニューで、[アセット(デバイス)]→[ポリシーとプロファイル]の順に選択します。
  2. Kaspersky Endpoint Security for Windows のポリシーをクリックします。

    選択したポリシーのプロパティウィンドウが表示されます。

  3. ポリシーのプロパティで、[アプリケーション設定]-[全般設定]-[インターフェイス]の順に選択します。
  4. ユーザーインターフェイス]セクションで、[表示しない]を選択します。これにより、ワークステーションで Kaspersky Endpoint Security for Windows のユーザーインターフェイスが表示されなくなり、ユーザーは Kaspersky Endpoint Security for Windows の設定を変更できなくなります。
  5. パスワードによる保護]のスイッチをオンにします。これにより、ワークステーションで Kaspersky Endpoint Security for Windows の設定が不正に変更されたり、ユーザーが意図せずに変更してしまったりする危険性を低減できます。

以上の手順で、Kaspersky Endpoint Security for Windows のインターフェイスの推奨設定の指定が完了します。

関連項目:

シナリオ:ネットワーク保護の設定

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。