管理対象デバイスを Kaspersky Security Center Linux の管理下に切り替える

2024年5月20日

ID 244473

管理対象デバイス、オブジェクト、およびそれらの設定に関する情報が Kaspersky Security Center Linux に正常にインポートされたら、移行を完了するには、管理対象デバイスを Kaspersky Security Center Linux の管理下に切り替える必要があります。

Kaspersky Security Center Linux の現在のバージョンでは、[klmover ユーティリティ]を使用するか、[リモートインストールタスク]を使用して管理対象デバイスにネットワークエージェントをインストールすることにより、Kaspersky Security Center Linux の管理下にある管理対象デバイスを移動することができます。

ネットワークエージェントをインストールして、管理対象デバイスを Kaspersky Security Center Linux の管理下に切り替えるには:

  1. Kaspersky Security Center Windows の管理サーバーに切り替えます。
  2. 検出と製品の導入]→[導入と割り当て]→[インストールパッケージ]の順に移動し、ネットワークエージェントの既存のインストールパッケージのプロパティを開きます。

    ネットワークエージェントのインストールパッケージがパッケージリストにない場合は、新しいパッケージをダウンロードします

  3. 設定]タブで[接続]セクションを選択します。Kaspersky Security Center Linux の管理サーバーの接続設定を指定します。
  4. インポートされた管理対象デバイスのリモートインストールタスクを作成し、再構成されたネットワークエージェントインストールパッケージを指定します。

    ネットワークエージェントは、Kaspersky Security Center Windows の管理サーバーを通じて、またはディストリビューションポイントとして機能する Windows ベースのデバイスを通じてインストールできます。管理サーバーを使用する場合は、[管理サーバーを通じてオペレーティングシステムの共有フォルダーを使用する]をオンにします。ディストリビューションポイントを使用する場合は、[ディストリビューションポイントを通じてオペレーティングシステムの共有フォルダーを使用する]をオンにします。

  5. リモートインストールタスクを実行します。

リモートインストールタスクが正常に完了したら、Kaspersky Security Center Linux の管理サーバーに移動し、管理対象デバイスがネットワーク内に表示されていること、およびネットワークエージェントがインストールされて実行されていることを確認します([可視]、[ネットワークエージェントがインストール済み]、[ネットワークエージェントが実行中]列の値が Yes)。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。