管理サーバーのデータバックアップタスクの作成

2024年5月20日

ID 212876

バックアップタスクは管理サーバーのタスクであり、クイックスタートウィザードで作成されます。クイックスタートウィザードで作成されたバックアップタスクが削除された場合、手動で作成することができます。

管理サーバーデータのバックアップ]タスクは 1 つのみ作成できます。管理サーバーの管理サーバーデータのバックアップタスクが既に作成されている場合は、タスク種別選択ウィンドウには表示されません。

管理サーバーのデータバックアップタスクを作成するには:

  1. メインメニューで、[アセット(デバイス)]→[タスク]の順に移動します。
  2. 追加]をクリックします。

    新規タスクウィザードが起動します。

  3. ウィザードの最初のページで、[アプリケーション]リストから[Kaspersky Security Center 15]を選択し、[タスク種別]リストから[管理サーバーデータのバックアップ]を選択します。
  4. ウィザードの対応するページで、次の情報を指定します:
    • バックアップコピーの保管用のフォルダー
    • バックアップのパスワード(省略可能)
    • 保存するバックアップコピー数の最大値
  5. タスク作成の終了]ページで[タスクの作成が完了したらタスクの詳細を表示する]をオンにした場合、既定のタスク設定を編集できます。このオプションをオフにすると、既定の設定でタスクが作成されます。既定の設定からの変更は、後からいつでも実行できます。
  6. 終了]をクリックします。

タスクが作成され、タスクリストに表示されます。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。