アンチスパムモジュールの設定

2023年11月21日

ID 149850

アンチスパムモジュールは、メッセージの最初の 50 MB だけをスキャンします。それより大きいメッセージの場合、残りの部分はスキャンされず、最初の 50 MB に基づいてステータスが割り当てられます。

アンチスパムモジュールを設定するには:

  1. 本製品のメイン Web インターフェイスで、[設定]→[全般]→[保護]セクションの順に選択します。
  2. アンチスパム]タブを選択します。
  3. アンチスパムを使用]スイッチを使用してアンチスパムモジュールを有効化または無効化します。

    アンチスパムモジュールは既定で有効です。

  4. 前の手順でアンチスパムモジュールを有効にした場合は、次の設定を行います:
    1. Moebius を使用]スイッチで Moebius サービスを有効化または無効化します。

      Moebius は既定で無効です。

    2. AD スプーフィングからの保護]スイッチを使用して、スプーフィング攻撃に対する保護を有効または無効化します。

      既定では、スプーフィング攻撃に対する保護は無効になっています。

    3. 前の手順でスプーフィング攻撃に対する保護を有効にした場合は、[グループ LDAP:識別名]を使用して、この保護を受けるユーザーおよび連絡先が属する Active Directory グループを指定します。

      LDAP サーバー接続の設定でメッセージを受信した連絡先メールアドレスが有効になっており、LDAP サーバーとの同期が成功した場合、グループの連絡先に保護が適用されます。

      追加できるグループは 1 つだけです。メールアドレスが含まれるグループのエントリの数は、1 つのグループにつき 10,000 件を超えてはいけません。この数を超えると、このグループからランダムに選択された 10,000 人のユーザーと連絡先にスプーフィング攻撃に対する保護が適用されます。

    4. IP およびドメインのレピュテーション]スイッチを使用して、メッセージ送信元の IP アドレスやドメインのレピュテーションチェックでのアンチスパムデータベースの使用を有効化または無効化します。

      既定では、IP アドレスとドメインのレピュテーションチェックは有効になっています。

    5. アンチスパム隔離を使用]スイッチを使用してアンチスパム隔離を有効化または無効化します。

      アンチスパム隔離を有効にした場合、アンチスパムチェックの最終結果がないサイズが 200 MB 以上のメールメッセージは一時的にアンチスパム隔離に保存されます。

      アンチスパム隔離に対する既定の設定を変更すると、スパム検知のレベルが下がる可能性があります。

    6. スキャンの最大時間(秒)]サブセクションで、メッセージのアンチスパムスキャンの最長実行時間を秒単位で指定します。

      1 から 600 の整数を指定できます。既定値:30。

      メッセージのアンチスパムスキャンが指定した制限時間内に終わらない場合、Kaspersky Secure Mail Gateway は次のように対応します:

      • メッセージのスキャンを停止します(「スキップ」処理)。
      • メッセージに「エラー」ステータスを割り当てます。
      • 受信者にこのメッセージを配信します。
      • /var/log/ksmg-messages イベントログにレコードを追加します。
  5. 隔離の最長時間(秒)]で、メッセージを受信者に配信する前にアンチスパム隔離にメッセージを保存しておく時間を指定します。

    1 から 86400 の整数を指定できます。既定値は 3000 です。

  6. メッセージの最大数]で、 超過するとメッセージが隔離に配置されなくなるメッセージ数を指定します。

    制限が不要な場合は 0 を指定します。

    0 から 9007199254740993 の整数を指定できます。既定値は 0 です。

  7. 隔離の最大サイズ(MB)]で、超過するとメッセージが隔離に配置されなくなるアンチスパム隔離のサイズを入力します。

    最小値は 1 MB です。既定値は 1024 MB(1 GB)です。

    アンチスパムモジュールのスキャン結果がメッセージの最終的なものではなく、トリガーされた制限のためにメッセージをアンチスパム隔離に配置できない場合、メッセージに 未検知 ステータスが割り当てられます。

  8. 保存]をクリックします。

アンチスパムモジュールが設定されます。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。