クラスタ内のノードのロールの変更

2023年11月21日

ID 201632

任意のクラスタノードに対して、コントロールノードロールを割り当てることができます。その他のノードには、セカンダリノードロールが割り当てられます。この操作は、コントロールノードに障害が発生した場合や、本製品をサーバーから削除しなければならない場合などに必要になることがあります。

コントロールノードにセカンダリノードロールを割り当てるには:

  1. 本製品のメイン Web インターフェイスで、[ノード]セクションを選択します。
  2. クラスタノードのリストでコントロールノードを選択します。

    ノードの設定ウィンドウが開きます。

  3. ロールをセカンダリノードへ切り替え]をクリックします。

コントロールノードがセカンダリノードになります。セカンダリノードの Web インターフェイスが開きます。

セカンダリノードにコントロールノードロールを割り当てるには:

  1. 本製品のメイン Web インターフェイスで、[ノード]セクションを選択します。
  2. クラスタノードのリストでセカンダリノードを選択します。

    ノードの設定ウィンドウが開きます。

  3. ノード管理へ移動]をクリックします。

    (認証を要求するように設定されている場合、)ブラウザーの新しいウィンドウで認証ページが開きます。

  4. (認証ページが開いた場合、)製品管理者の名前とパスワードを入力します。

    セカンダリノードの Web インターフェイスが開きます。

  5. コントロールノードにロールを切り替え]をクリックします。
  6. 確認ウィンドウで、[OK]をクリックします。

セカンダリノードがコントロールノードになります。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。