メッセージ処理ルールの作成

2023年11月21日

ID 88114

メッセージ処理ルールを作成するには:

  1. Web インターフェイスのメインウィンドウで管理コンソールツリーを開き、[ルール]セクションを選択します。
  2. ワークスペースの上部で[作成]をクリックします。

    新しいメッセージ処理ルールが開きます。

  3. 左側のペインで[全般]セクションを選択します。
  4. ルール名]に、新しいルールの名前を入力します。

    ルールは Kaspersky Secure Mail Gateway ルールのリストで一意な名前にする必要があります。

  5. 説明]に、ルールの説明を入力します。
  6. モード]セクションで、ルールの基準に対応する次のメッセージ処理オプションのいずれかを選択します:
    • スキャンモジュールの設定を使用 - アンチウイルスモジュール、アンチスパムモジュール、アンチフィッシングモジュールの設定およびコンテンツフィルタリング設定を使用します。

      左側のペインに、ルールで使用されるモジュールを設定できるセクションが表示されます。

    • スキャンせずに拒否 - アンチウイルスモジュール、アンチスパムモジュール、アンチフィッシングモジュールによるスキャンや、コンテンツフィルタリング設定の適用を行わず、メッセージを拒否します。
    • 送信者に通知せずに削除 - アンチウイルスモジュール、アンチスパムモジュール、アンチフィッシングモジュールによるスキャンや、コンテンツフィルタリング設定の適用や送信者へ不達通知の送信を行わずに、メッセージを削除します。
    • スキャンせずにスキップ - メッセージをスキャンせずに配信します。
  7. ルールの優先順位を変更する場合、[ルール優先度]セクションで、ルールのリスト内のルールの位置を調整します。

    既定では、以前に作成されたすべてのルールのうち優先順位が高いルールを割り当てます。

  8. 送信者]で、ルールを適用する必要がある送信者を指定します:
    • メール
    • IP
    • LDAP:DN

    ルールを適用するには、少なくとも 1 人の送信者を指定する必要があります。

  9. 受信者]で、ルールを適用する必要がある受信者を指定します。
    • メール
    • LDAP:DN

    ルールを適用するには、少なくとも 1 人の受信者を指定する必要があります。

  10. 保存]をクリックします。

    送信者]および [受信者]にある少なくとも 1 つのリスト項目が不適切な形式で指定されている場合、ルールは保存できません。赤い背景でハイライト表示された値をすべて修正して、保存をもう一度行います。

ルールが作成され、[ルール]セクションのルールのリストに追加されます。

変更された設定が Kaspersky Secure Mail Gateway で適用されるためには、ルールを有効にする必要があります。既定では、新しいルールは無効になり、本製品に使用されません。

関連項目:

メッセージ処理ルールの設定シナリオ

アンチウイルスによる保護の設定

リンクスキャンの設定

アンチスパムによる保護の設定

アンチフィッシングによる保護の設定

コンテンツフィルタリングの設定

メール送信ドメイン認証

メッセージスキャンイベントの通知設定

セキュアではないメッセージに関する警告の追加

メッセージスキャンイベントの免責事項の追加

KATA プロテクションの設定

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。