TLS 証明書の管理

2023年11月21日

ID 207395

暗号化された TLS 接続を介して送受信されるメッセージを処理するためには、TLS 証明書が必要です。クラスタを作成する際、本製品は自動的に自己署名証明書を作成し、有効な証明書として使用します。この証明書は TLS 証明書のリストに既定の証明書として表示されます。

この既定の証明書を使用しない場合は、1 つ以上の TLS 証明書を追加して、そのうち 1 つを有効にすることができます。残りの証明書はリストでスイッチがオフになって表示されます。いつでも別の証明書を有効にできます。

次の種別の証明書を使用できます:

次の表では、本製品でサポートされる証明書種別を比較しています。

サポート対象の証明書種別の比較表

特性

自己署名

CSR ベース

PFX

認証局を使用する必要がある

いいえ

はい

はい

証明書の秘密鍵がクラスタの外部に保管されている

いいえ

いいえ

はい

証明書を手動で設定できる

一部のフィールドにだけ入力できる

一部のフィールドにだけ入力できる

はい

このセクションの内容

自己署名証明書の追加

CSR ベースの証明書の追加

PFX 証明書の追加

証明書情報の表示

証明書のアクティブ化

証明書のダウンロード

証明書の削除

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。