ライセンスについて

2023年11月21日

ID 91152

ライセンス情報は、使用許諾契約書に従って本製品をアクティベートして使用できるようにするために使用されるビットの並びです。ライセンス情報はカスペルスキーにより生成されます。

製品にライセンスを追加するには、ライセンス情報ファイルを適用するか、アクティベーションコードを入力します。

追加されたライセンスは、一意の英数字の並びとして本製品のインターフェイスに表示されます。

カスペルスキーは、使用許諾契約書に違反したライセンスをブロックできます。ライセンスがブロックされている場合、本製品の使用を続けるには、別のライセンスを追加する必要があります。

Kaspersky Secure Mail Gateway では次の種別のライセンスが使用されます:

  • すべての機能ライセンス:このライセンスを追加すると、本製品のすべての機能が使用できます。つまり、迷惑メール、フィッシング、ウイルスなどのマルウェアのスキャン、危険サイト診断、コンテンツフィルタリング、およびメール送信ドメイン認証の使用、Kaspersky Anti Targeted Attack Platform を使用したメッセージのスキャンが使用できます。
  • アンチウイルス用のライセンス:このライセンスを追加すると、ウイルスなどのマルウェアのスキャン、URL アドバイザ、メール送信ドメイン認証、コンテンツフィルタリング、Kaspersky Anti Targeted Attack Platform を使用したメッセージのスキャンが使用できます。このライセンスでは、迷惑メールまたはフィッシングコンテンツはスキャンされません。これらのモジュールによるスキャン後にメッセージに割り当てられるステータスラベルには、機能制限に関する情報が含まれます。

アンチスパムおよびアンチウイルスデータベースは、ライセンスの種別に関係なくアップデートされます。

関連項目:

本製品のライセンス管理

使用許諾契約書について

ライセンス証明書について

ライセンス情報ファイルについて

アクティベーションコードについて

定額制サービスについて

データ提供について

ライセンスによる Kaspersky Secure Mail Gateway の動作モード

アクティベーションコードの追加

ライセンス情報ファイルの追加

ライセンスの削除

ライセンスのステータスの監視

まもなく有効期限が切れるライセンスに関する警告の設定

ライセンスの購入

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。