Kaspersky Security Network への参加の設定

2023年11月21日

ID 167767

KSN サーバーに送信されるデータのリストは、[データ提供について]セクションで確認できます。送信されるすべてのデータは、該当地域の適用法に従って処理されます。本製品をインストールしたサーバーを別の地域に移動した場合、データは新しい地域の法律に従って処理されます。管理者は、[ノード]セクションで対応する通知を受け取ります。

KSN への参加を設定するには:

  1. 本製品のメイン Web インターフェイスで、[設定]→[外部サービス]→[KSN/KPSN]セクションの順に選択します。
  2. KSN/KPSN の設定]タブを選択します。
  3. KSN/KPSN を使用する]ドロップダウンリストで、次のオプションのいずれかを選択します:
    • KSN - KSN に参加する場合。
    • 使用しない - KSN に参加しない場合。

    KSN]を選択すると[KSN に関する声明]ウィンドウが開きます。

  4. KSN に関する声明の文言を読み、[KSN への参加に同意する]をクリックして、参加条件に同意することを確認してください。

    KSN に関する追加声明]ウィンドウが開きます。

  5. KSN に関する追加声明の文言を読み、次のいずれかを行ってください:
    • KSN サービスの使用の統計情報をカスペルスキーに送信することに同意する場合、[KSN への統計情報の送信に同意する]をクリックします。
    • 統計を送信しない場合、[同意しない]をクリックします。
  6. 保存]をクリックします。

Kaspersky Security Network への参加が設定されます。この後で、KSN サーバーの応答の最大タイムアウトを指定します

関連項目:

Kaspersky Security Network への参加と Kaspersky Private Security Network の使用

Kaspersky Private Security Network の使用の設定

KSN/KPSN の操作の監視

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。