クラスタノードへの SSH プロトコルによる接続

2023年11月21日

ID 203986

Kaspersky Secure Mail Gateway 管理者は、SSH プロトコルを介して任意のクラスタノードに root として接続し、コマンドラインを使用してテクニカルサポートモードで本製品を操作できます。この操作を行うには、SSH 鍵を生成し、製品の Web インターフェイスを使用して SSH の公開鍵をアップロードする必要があります。コントロールノードがホストされているサーバーに公開鍵がアップロードされると、公開鍵がすべてのクラスタノードに転送され保存されます。

システムへの不正アクセスを防ぐために、管理者はトークンを使用して管理者の責任で SSH 秘密鍵のセキュリティを確保する必要があります。

1 つ以上の SSH 公開鍵を追加できます。

SSH 接続を確立できなかった場合は、製品ページの Kaspersky Secure Mail Gateway ナレッジベースの記事 15904 で解決策を参照してください。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。