Kaspersky Secure Mail Gateway 2.0 MR1 への移行時の DKIM 署名の構成

2023年11月21日

ID 237700

本製品を新しいバージョンにアップデートする際は、Kaspersky Secure Mail Gateway 2.0 MR1 で DKIM 署名を構成し、これを Kaspersky Secure Mail Gateway 1.1 用の DKIM 署名と併用することを推奨します。これにより、Kaspersky Secure Mail Gateway 2.0 MR1 へシームレスに移行できます。

Kaspersky Secure Mail Gateway 1.1 をバージョン 2.0 MR1 に移行する際に DKIM 署名を構成するには、次のステップを実行します:

  1. インストールされた Kaspersky Secure Mail Gateway 2.0 MR1 での DKIM 鍵の作成およびインポート
  2. DKIM 公開鍵の DNS レコードの取得
  3. 取得した DNS レコードの DNS サーバーの設定への追加

この結果、本製品の両バージョンにより DKIM 署名が、それぞれ一意の DKIM 鍵と共にメッセージに追加されます。

関連項目:

送信メッセージの DKIM 署名

DKIM 鍵の作成

DKIM 鍵情報の表示

ファイルからの DKIM 鍵のインポート

DKIM 鍵の削除

DKIM 公開鍵の DNS レコードの取得

DNS サーバー設定への DKIM 鍵の追加

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。