本製品のイベントのフィルタリング

2023年11月21日

ID 212445

製品イベントに関する情報は、イベントが実行されたノードのイベントログに記録されます。ノードがクラスタから削除されるか、ノードへのアクセスが失われると、イベントログが使用できなくなります。

イベントログ内のイベントは、1 つ以上の基準でフィルタリングできます。

イベントログで製品イベントをフィルタリングするには:

  1. Web インターフェイスのメインウィンドウで管理コンソールツリーを開き、[イベント]セクションを選択します。
  2. 製品]タブを選択します。

    イベント情報は表形式で表示されます。

  3. reports_filter をクリックします。

    フィルター追加ウィンドウが開きます。

  4. ドロップダウンリストで、フィルタリング基準に一致するイベントの最大表示数を選択します。
  5. フィルターを追加]をクリックします。
  6. 表示されるフィールドで、必要なフィルタリング基準を設定します。この操作には、次の表に従ってフィルターフィールドに値を入力します。

    a. 基準を選択する:

    b. 論理演算子を選択する:

    c. 値を入力する:

    日付と時刻

    • 次以降
    • 次より前

    イベントが発生した期間。

    ノード

    • 等しい
    • 等しくない

    イベントが発生したノードの IP アドレスとポート。

    イベントタイプ

    • 等しい
    • 等しくない

    イベントの種別を選択する:

    • 監査
    • バックアップ
    • 定義データベースのアップデート
    • 整合性チェック
    • LDAP 同期
    • 設定のエクスポート
    • 設定のインポート

    イベント

    • 等しい
    • 等しくない

    イベントを選択する:

    • アンチウイルスデータベースは最新です
    • アンチウイルスデータベースが適用されました
    • 監査が開始されました
    • 監査が停止されました
    • アンチスパムデータベースは最新です
    • アンチスパムデータベースが適用されました
    • アンチフィッシングデータベースは最新です
    • アンチフィッシングデータベースが適用されました
    • バックアップダイジェストが送信されました
    • タスクが開始されました
    • アプリケーション設定のインポート
    • アンチウイルスデータベースの読み込みエラー
    • アンチスパムデータベースの読み込みエラー
    • アンチフィッシングデータベースの読み込みエラー
    • 定義データベースのアップデートエラー
    • 整合性チェック
    • アプリケーションが開始されました。リアルタイムスキャンが開始されました
    • アプリケーション設定のエクスポート

    ユーザー

    • 等しい
    • 等しくない
    • 次の値を含む
    • 含まない

    アカウントでイベントが発生した LDAP 内ユーザーの名前。

    本製品で自動的に実行される処理は、イベントログで「kluser」アカウントの下に記録されます。

    結果

    • 等しい
    • 等しくない

    結果を選択する:

    • 成功
    • 失敗

複数のフィルタリング基準を入力できます。別の基準を追加するには、[フィルターを追加]をクリックします。フィルタリング基準は論理演算子「AND」で結合されます。

  1. 適用]をクリックします。
  2. フィルター追加ウィンドウを閉じます。

イベントの表は、フィルタリング基準に従って表示されます。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。