クラスタノードの Kaspersky Secure Mail Gateway バージョン 2.0 MR1 へのアップデート

2023年11月21日

ID 239459

クラスタノードで Kaspersky Secure Mail Gateway をバージョン 2.0 MR1 にアップデートするには:

  1. 以前のコントロールノードの Web インターフェイスで、[メッセージキュー]セクションに移動し、アップデートをインストールするノードを選択して、そのノードでのメッセージの受信を無効化します。
  2. キュー内のメッセージの表で、ノード別にメッセージをフィルタリングし、すべてのキューのメッセージが送信されるまで待ちます。
  3. アップデートしているノードの Web インターフェイスで、[パッチのインストール]をクリックし、事前設定アップデートパッケージ(ksmg_upgrade_2.0.0.6478_2.0.1.6960_step1.ktgz)をインストールします
  4. オペレーティングシステムが再起動するまで待ちます。

    必要に応じて、ノードの Web インターフェイスにログインします。

  5. アップデートしているノードの Web インターフェイスで、[パッチのインストール]をクリックし、メインのアップデートパッケージ(ksmg_upgrade_2.0.0.6478_2.0.1.6960_step2.ktgz)をインストールします。
  6. オペレーティングシステムが再起動するまで待ち、その後 F5 キーまたはブラウザーの[再読み込み]ボタンをクリックして、Web インターフェイスのページを再読み込みします。
  7. 新しいコントロールノードの Web インターフェイスで、次のことを実行します:
    1. 定義データベースをアップデートします
    2. LDAP サーバーとの接続が構成されていた場合は、LDAP キャッシュをアップデートします。

      LDAP サーバー接続が構成されていない場合は、 Active Directory ドメインコントローラーと同期します

    3. 製品がアップデートされたノードでメッセージの受信を有効にします。
    4. メッセージがノードを通過できることを確認するには、テストメッセージをそのノードを介して送信してみて、受信者まで配達されることを確認します。

これにより、クラスタノードで Kaspersky Secure Mail Gateway がバージョン 2.0 MR1 にアップデートされます。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。