クラスタからのノードの削除

2023年11月21日

ID 201631

コントロールノードは削除できません。

クラスタからノードを削除した場合でも、そのノードにインストールされている本製品は削除されません。いつでもこのノードをクラスタに再度追加し、ノードにインストールされている本製品の設定の管理を継続できます。

クラスタからノードを削除するには:

  1. 本製品のメイン Web インターフェイスで、[ノード]セクションを選択します。
  2. クラスタノードのリストで、クラスタから削除するセカンダリノードを選択します。

    ノードの設定ウィンドウが開きます。

  3. ウィンドウの下部で、[削除]をクリックします。

    これにより、クラスタからノードを削除するか確認するウィンドウが表示されます。

  4. OK]をクリックします。

クラスタからノードが削除されます。このノードに関する情報はノードのリストに表示されなくなります。隔離されたオブジェクト、バックアップオブジェクト、定義データベースのアップデート、イベントログ、レポート、受信した診断情報は、本製品がインストールされたサーバーに保存されます。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。