証明書のアクティブ化

2023年11月21日

ID 207397

追加した TLS 証明書は、アクティブなサーバー証明書またはクライアント証明書として使用できます。TLS 暗号化を使用している場合、アクティブなサーバー証明書はオプションです。アクティブなクライアント証明書は、クライアントの TLS セキュリティモードが有効な場合でもオプションです。

証明書をアクティブに設定するには:

  1. 本製品のメイン Web インターフェイスで、[設定]→[ビルトイン MTA]→[TLS 暗号化]セクションの順に選択します。
  2. インバウンド SMTP 接続の処理に使用する TLS 証明書をアクティブなサーバー証明書として割り当てるには、関連する証明書の行の[サーバー証明書として使用]列でスイッチを有効にします。
  3. アウトバウンド SMTP 接続の処理に使用する TLS 証明書をアクティブなクライアント証明書として割り当てるには、関連する証明書の行の[クライアント証明書として使用]列でスイッチを有効にします。

証明書がアクティブになります。

現在の証明書を非アクティブにするには:

  1. 本製品のメイン Web インターフェイスで、[設定]→[ビルトイン MTA]→[TLS 暗号化]セクションの順に選択します。
  2. 現在使用しているサーバー証明書を非アクティブにするには、[サーバー証明書として使用]列のスイッチを使用して、別の証明書をアクティブにします。

    これまでアクティブだったサーバー証明書が自動的に非アクティブになります。

  3. 現在使用しているクライアント証明書を非アクティブにするには、[クライアント証明書として使用] 列のスイッチを無効にします。

証明書はアクティブでなくなります。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。