Microsoft Hyper-V マネージャー管理コンソールを使用しての仮想マシンの作成

2023年11月21日

ID 206599

仮想マシンを作成する前に、ハイパーバイザーを配備しているサーバーからアクセスできる任意のネットワークフォルダーに ISO ファイルを保存しておく必要があります。ハイパーバイザーがインストールされているのと同じサーバー上の Microsoft Hyper-V マネージャーコンソールを使用する場合は、ISO ファイルをローカルハードディスクに保存できます。

仮想マシンを作成するには:

  1. Microsoft Hyper-V マネージャー管理コンソールを開きます。
  2. ウィンドウの左側で、接続して仮想マシンイメージを導入するハイパーバイザーを選択します。
  3. コンテキストメニューで、[新規]→[仮想マシン]の順に選択します。

    仮想マシンの新規作成ウィザードが起動します。

  4. ウィザードの指示に従って操作します:
    1. 仮想マシンの名前と場所を選択します
    2. 仮想マシンの世代を選択します
    3. 仮想マシンにメモリを割り当てます。
    4. ネットワーク接続を設定します。
    5. 仮想ハードディスクを接続します
    6. オペレーティングシステムのインストール方法を選択します
    7. 仮想マシンを作成する設定を確認します

指定した設定で仮想マシンが作成されます。選択したハイパーバイザー上の仮想マシンのリストに、作成した仮想マシンが表示されていることを確認します。

既定の CPU 数の仮想マシンが作成されます。この設定は、仮想マシンの作成後に、仮想マシンで変更する必要があります。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。