Kaspersky Secure Mail Gateway でのノードのアドレスの変更

2023年11月21日

ID 239703

Kaspersky Secure Mail Gateway でノードのアドレスを変更する前に、オペレーティングシステムの新しいネットワーク設定が適用されていることを確認することを推奨します。

クラスタノードの IP アドレスまたはポートを変更するには:

  1. ksmg.celeryd サービスを停止します。

    systemctl stop ksmg.celeryd

  2. クラスタノードのネットワーク設定変更スクリプトを実行します:

    /opt/kaspersky/ksmg-appliance-addon/bin/change_network_settings.sh -a

  3. これにより、使用可能な IP アドレスのリストが含まれるウィンドウが表示されます。

    クラスタノードに割り当てる IP アドレスを選択し、[Оk]をクリックします。

  4. Please enter port number of this node]ウィンドウで、クラスタ間通信のポートを指定して[Ok]をクリックします。

    既定値は 9045 です。

  5. 任意のキーを押して続けます。

    スクリプトによってサービスが再起動され、クラスタノードの新しいアドレスが適用されます。

  6. クラスタノードを再起動します:

    shutdown -r

これにより、クラスタノードのアドレスが変更されます。Web インターフェイスで Kaspersky Secure Mail Gateway クラスタノードを構成する手順に進みます。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。