ノードのオペレーティングシステムのネットワーク設定のテスト

2023年11月21日

ID 239713

Kaspersky Secure Mail Gateway でノードのアドレスを変更する前に、オペレーティングシステムの新しいネットワーク設定が適用されていることを確認することを推奨します。

クラスタノードのオペレーティングシステムのネットワーク設定をテストするには:

  1. テクニカルサポートモードで、新しい IP アドレスを使ってノードに接続します。
  2. オペレーティングシステムの現在のネットワーク設定が、ウィザードのステップで指定した設定と一致することを確認します。オペレーティングシステムの設定を表示して確認するには、次のコマンドを実行します:
    • ネットワークアダプターの設定をテストするには:

      ip address

    • 既定のルートと静的ルートをテストするには:

      ip route

    • DNS サーバーの設定をテストするには:

      cat /etc/resolv.conf

  3. DNS サーバーにノードの新しいドメイン名のレコードがあることを確認します:

    host <ノードのドメイン名>

    ノードのドメイン名のレコードが DNS サーバーで確認できない場合には、ネットワーク設定が正しく指定されているかどうかを確認してください。必要に応じて、オペレーティングシステムのネットワーク設定を変更します。

  4. 必要に応じて、ホストのドメイン名を変更します:

    hostnamectl set-hostname <ホストの新しいドメイン名>

  5. 新しいドメイン名が実際にホストに割り当てられているかどうかを確認します:

    hostnamectl status

    出力結果には、クラスタノードの割り当てられたドメイン名を含む静的ホスト名行が含まれます。

これにより、ノードのオペレーティングシステムのネットワーク設定がテストされます。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。