メッセージスキャンイベントの通知設定

2023年11月21日

ID 91242

1 つまたは複数のルールで、メッセージスキャンのイベントに関するメール通知の配信を設定できます。

このオプションは、メール通知の全般設定で通知の転送が有効になっている場合に使用できます。

一般リストに含まれる受信者、送信者、メッセージの受信者、またはその他の受信者に対して、次のメッセージスキャンイベントに関するメール通知の配信を設定できます:

  • 悪意のあるオブジェクトを検知しました
  • 暗号化されたオブジェクトを検知しました
  • アンチウイルススキャンエラーを検知しました
  • コンテンツフィルタリングの問題を検知しました
  • フィッシングメッセージを検知しました
  • 添付ファイルでマクロを検知しました
  • 悪意のあるリンクを検知しました
  • KATA によってオブジェクトが検知された場合

    KATA アラート通知の設定が可能なのは、Kaspersky Anti Targeted Attack Platform との統合が設定されている場合のみです。

メッセージスキャンイベントに関する通知を設定するには:

  1. 本製品の Web インターフェイスで、[ルール]セクションを選択します。
  2. ルールのリストで、スキャンイベントの通知を設定するルールを選択します。

    ルールの表示]ウィンドウが開きます。

  3. 変更]をクリックします。

    ルールの設定が編集可能になります。

  4. 左側のペインで、[通知]セクションを選択します。
  5. 選択したイベントの名前が付いた設定のグループで([悪意のあるオブジェクトを検知しました]など)、設定の名前の横にあるチェックボックスをオンにします:
    • 一般リストの受信者に通知 - 選択したイベントに関する通知を一般リストに含まれるアドレスに送信する場合。

      チェックボックスをオンにした場合、[指定]をクリックした後、メール通知の全般設定でアドレスのリストを定義する必要があります。

    • 送信者に通知 - 選択したイベントに関する通知をメッセージ送信者のアドレスに送信する場合。
    • 受信者に通知 - 選択したイベントに関する通知をメッセージ受信者のアドレスに送信する場合。
    • その他のアドレス - 選択したイベントに関する通知を追加のメールアドレスに送信する場合。
  6. メッセージ受信者のアドレスに通知を送信するように設定した場合は、次のいずれかのオプションを選択します:
    • 通知のみ - 元のメッセージを含めずに通知を送信する場合。
    • 添付ファイルのソースメッセージ付きで通知する - 元のメッセージを添付ファイルに含めて通知を送信する場合。
  7. 追加のメールアドレスに通知を送信するように設定した場合は、テキストボックスにアドレスを入力して Enter を押します。

    メールアドレスは 1 回に 1 つ入力します。追加するすべてのメールアドレスについて、リストにアドレスを追加する操作手順を繰り返します。

  8. 必要に応じて、ウィンドウの右上隅にある[通知テンプレートをカスタマイズ]をクリックして、通知テンプレートを編集します。
  9. 保存]をクリックします。

メッセージスキャンイベントに関する通知が設定されます。

設定が Kaspersky Secure Mail Gateway の動作中に確実に適用されるようにするため、設定したルールが有効になっていることを確認してください。

関連項目:

メッセージ処理ルールの設定シナリオ

メッセージ処理ルールの作成

アンチウイルスによる保護の設定

リンクスキャンの設定

アンチスパムによる保護の設定

アンチフィッシングによる保護の設定

コンテンツフィルタリングの設定

メール送信ドメイン認証

セキュアではないメッセージに関する警告の追加

メッセージスキャンイベントの免責事項の追加

KATA プロテクションの設定

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。