トレースファイルの作成

2023年11月21日

ID 216890

正しく機能しない場合、カスペルスキーのテクニカルサポートにより Kaspersky Secure Mail Gateway に関する診断情報を含めたアーカイブを作成するように依頼されることがあります。

エラーの原因となったユーザー操作を再トレースした後、トレースファイルを作成します。

トレースファイルを作成するには:

  1. 本製品のメイン Web インターフェイスで、[ノード]セクションを選択します。
  2. ワークスペースの上部で[診断情報を取得]をクリックして、[テクニカルサポート用の診断情報]ウィンドウを開きます。

    ワークスペースには、各ノードに対してトレースファイルが最後にいつ作成されたかについての情報を含む、クラスタノードのリストが表示されます。

  3. このリストで、診断情報を取得したいノードを選択します。

    結果を表時]ウィンドウが開きます。

  4. ウィンドウの下部で、[開始]をクリックします。

診断情報を含めたアーカイブが作成されました。取得したアーカイブはダウンロードまたは削除できます。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。