バックアップダイジェスト

2023年11月21日

ID 238400

バックアップダイジェストとは、ユーザーの個人のバックアップに配置された、最近受信したメッセージに関する情報を伝えるメール通知です。

バックアップダイジェストには、前回のダイジェストが送信されてからバックアップに配置された、ユーザーが使用できる新しいメッセージに関する情報が含まれます。ダイジェストは、管理者によって設定されたスケジュールで送信されます。既定では、ダイジェストはコントロールノードのローカル時刻 01:00 に毎日送信されます。クラスタノードが使用できない場合には、次にスケジュールされているメーリングのタイミングまでダイジェストの送信は延期されます。

最後のダイジェストが送信された後、ユーザーの個人のバックアップに新しいメッセージが追加されると、ユーザーはバックアップダイジェストを受信します。バックアップダイジェストは既定のアドレスから送信されます。

ユーザーの個人のバックアップにメッセージが 1 つもない場合には、そのユーザーにはダイジェストは送信されません。

ユーザーは[バックアップ]セクションで[ダイジェストの受信]スイッチを使用して、個人のバックアップダイジェストを有効にしたり無効にしたりすることができます。ダイジェストが有効になっている場合は、Kaspersky Secure Mail Gateway Web インターフェイスにアクセスしなくても、ダイジェストメッセージ内のリンクをクリックしてサブスクリプション登録を解除できます。

本製品の管理者は、関連する権限を使用して次の操作を実行できます:

このセクションの内容

バックアップダイジェストの配信の有効化および無効化

バックアップダイジェストの配信スケジュールの構成

バックアップダイジェストのメーリングリストからのアドレスの除外

バックアップダイジェストテンプレートの構成

バックアップダイジェストテンプレートでのマクロの使用

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。