コンテンツフィルタリングの設定

2023年11月21日

ID 203009

メッセージ処理ルールでコンテンツフィルタリングを設定する前に、保護の全般設定でコンテンツフィルタリングを有効にしていることを確認してください。

メッセージ処理ルールでコンテンツフィルタリングの設定を構成するには:

  1. 本製品の Web インターフェイスで、[ルール]セクションを選択します。
  2. ルールのリストで、コンテンツフィルタリングを設定するルールを選択します。

    ルールの表示]ウィンドウが開きます。

  3. 変更]をクリックします。

    ルールの設定が編集可能になります。

  4. 左側のペインで、[コンテンツフィルタリング]セクションを選択します。
  5. セクションタイトルの右側にあるスイッチを使用して、ルールの基準に一致するメッセージのコンテンツフィルタリングを有効または無効にします。

    既定では、メッセージのコンテンツフィルタリングは無効です。

  6. 前の手順でコンテンツフィルタリングを有効にした場合、次のフィルタリング条件を設定します:
    • メッセージサイズによる
    • 添付ファイルの形式による
    • 添付ファイル名による
  7. アーカイブを含む複合オブジェクト内でブロックされる形式や名前をスキャンする場合は、[複合オブジェクトをスキャン]をオンにします。

    複合オブジェクトのスキャンを有効にすると、アーカイブは複合オブジェクトの一部であるため、[アーカイブ内のファイル形式とファイル名をスキャン]が自動的にオンになります。

  8. 前の手順でアーカイブのスキャンを有効にしなかった場合、ブロックされる形式またはファイル名をアーカイブでのみスキャンするには、[アーカイブ内のファイル形式とファイル名をスキャン]をオンにします。
  9. 保存]をクリックします。

コンテンツフィルタリングが設定されます。指定された設定が、ルールの基準と一致するメッセージに適用されます。

設定が Kaspersky Secure Mail Gateway の動作中に確実に適用されるようにするため、ルールに対してコンテンツフィルタリングが有効になっており、設定したルールが有効になっていることを確認してください。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。