Kaspersky Endpoint Security 11 for Linux

システム要件

2023年3月3日

ID 245117

Kaspersky Endpoint Security のシステム要件は次の通りです:

ハードウェアの最小要件:

  • Core 2 Duo 1.86 GHz 以上のプロセッサ
  • 1 GB 以上のスワップ領域
  • 1 GB 以上のメモリ(32 ビットオペレーティングシステムの場合)、2 GB 以上のメモリ(64 ビットオペレーティングシステムの場合)
  • 4 GB 以上のハードディスク空き容量(インストール、一時ファイル、ログファイルの保存などに使用)

Arm アーキテクチャの最小ハードウェア要件:

  • ARMv8.2-A Kunpeng 920 または ARMv8-A Baikal-M (BE-M1000) プロセッサまたは m-TrusT Terminal
  • 1 GB 以上のスワップ領域
  • 2 GB 以上のメモリ
  • 3 GB 以上のハードディスク空き容量(インストール、一時ファイル、ログファイルの保存などに使用)

ソフトウェア要件:

  • サポートされる 32 ビットオペレーティングシステム:
    • CentOS 6.7 以降
    • Debian GNU/Linux 10.1 以降
    • Debian GNU/Linux 11.0 以降
    • Mageia 4
    • Red Hat Enterprise Linux 6.7 以降
    • ALT 8 SP Workstation
    • ALT 8 SP Server
    • ALT Education 10
    • ALT Workstation 10
  • サポートされる 64 ビットオペレーティングシステム:
    • AlmaLinux OS 8 以降
    • AlmaLinux OS 9 以降
    • AlterOS 7.5 以降
    • Amazon Linux 2
    • Astra Linux Common Edition 2.12
    • Astra Linux Special Edition RUSB.10015-01 (operational update 1.5)
    • Astra Linux Special Edition RUSB.10015-01 (operational update 1.6)
    • Astra Linux Special Edition RUSB.10015-01 (operational update 1.7)
    • Astra Linux Special Edition RUSB.10015-16 (release 1) (operational update 1.6)
    • CentOS 6.7 以降
    • CentOS 7.2 以降
    • CentOS Stream 9
    • Debian GNU/Linux 10.1 以降
    • Debian GNU/Linux 11.0 以降
    • EMIAS 1.0 以降
    • EulerOS 2.0 SP5
    • Linux Mint 20.3 以降
    • Linux Mint 21.1
    • openSUSE Leap 15.0 以降
    • Oracle Linux 7.3 以降
    • Oracle Linux 8.0 以降
    • Oracle Linux 9.0 以降
    • Red Hat Enterprise Linux 6.7 以降
    • Red Hat Enterprise Linux 7.2 以降
    • Red Hat Enterprise Linux 8.0 以降
    • Red Hat Enterprise Linux 9.0 以降
    • Rocky Linux 8.5 以降
    • Rocky Linux 9.1
    • SUSE Linux Enterprise Server 12.5 以降
    • SUSE Linux Enterprise Server 15 以降
    • Ubuntu 20.04 LTS
    • Ubuntu 22.04 LTS
    • ALT 8 SP Workstation
    • ALT 8 SP Server
    • ALT Education 10
    • ALT Workstation 10
    • ALT Server 10
    • Atlant、Alcyone build、version 2022.02
    • GosLinux 7.17
    • GosLinux 7.2
    • RED OS 7.3
    • ROSA Cobalt 7.9
    • ROSA Chrome 12
  • サポートされる ARM アーキテクチャの 64 ビットオペレーティングシステム:
    • Astra Linux Special Edition RUSB.10152-02 (operational update 4.7)
    • EulerOS 2.0 SP8
    • SUSE Linux Enterprise Server 15 SP3 以降
    • Ubuntu 20.04 LTS
    • ALT 8 SP
    • RED OS 7.3

fanotify の技術的な制限のため、本製品は次のファイルシステムをサポートしていません:autofs、binfmt_misc、cgroup、configfs、debugfs、devpts、devtmpfs、fuse、fuse.gvfsd-fuse、gvfs、hugetlbfs、mqueue、nfsd、proc、parsecfs、pipefs、pstore、usbfs、rpc_pipefs、securityfs、selinuxfs、sysfs、tracefs

サポートされる Kaspersky Security Center のバージョン

Kaspersky Endpoint Security と互換性がある Kaspersky Security Center のバージョンは次の通りです:

  • Kaspersky Security Center 13.2。Kaspersky Endpoint Security は、管理コンソールから MMC 管理プラグインを使用して管理できます。
  • Kaspersky Security Center 14Kaspersky Endpoint Security は、管理コンソールから MMC 管理プラグインを使用する管理と、Kaspersky Security Center Web コンソールから Web 管理プラグインを使用する管理が可能です。
  • Kaspersky Security Center 14 Linux。Kaspersky Endpoint Security は、Kaspersky Security Center Web コンソールから Web 管理プラグインを使用して管理できます。

    Kaspersky Security Center Linux には、Linux デバイスへインストールするための管理サーバーのバージョンが含まれています。Kaspersky Security Center Linux は、Kaspersky Security Center Web コンソールを使用して管理サーバーと対話します。Kaspersky Security Center Linux の詳細は、Kaspersky Security Center Linux のヘルプを参照してください。

    Kaspersky Security Network に関連する機能など、Kaspersky Security Center 14.0 のいくつかの機能は、Kaspersky Security Center Linux 14.0 では使用できません。Windows 版の Kaspersky Security Center では、Kaspersky Security Network の使用を管理できます。

  • Kaspersky Security Center 14.2。Kaspersky Endpoint Security は、管理コンソールから MMC 管理プラグインを使用する管理と、Kaspersky Security Center Web コンソールから Web 管理プラグインを使用する管理が可能です。
  • Kaspersky Security Center 14.2 Linux。Kaspersky Endpoint Security は、Kaspersky Security Center Web コンソールから Web 管理プラグインを使用して管理できます。

Kaspersky Endpoint Security は、Kaspersky Security Center から Kaspersky Security Center ネットワークエージェントを使用して管理されます。

Kaspersky Endpoint Detection and Response(KATA)との連携にサポートされているオペレーティングシステム

Kaspersky Endpoint Security と Kaspersky Endpoint Detection and Response(KATA)の連携は、以下のオペレーティングシステムを搭載したデバイスでサポートされています:

  • AlterOS 7.5.
  • Astra Linux Common Edition 2.12
  • Astra Linux Special Edition RUSB.10015-01 (operational update 1.6)
  • Astra Linux Special Edition RUSB.10015-01 (operational update 1.7)
  • Astra Linux Special Edition RUSB.10015-16 (release 1) (operational update 1.6)
  • CentOS 7.2 以降
  • CentOS Stream 9
  • Debian GNU/Linux 10.1 以降
  • Debian GNU/Linux 11.0 以降
  • Oracle Linux 7.3 以降
  • Oracle Linux 8.0 以降
  • Red Hat Enterprise Linux 7.2 以降
  • Red Hat Enterprise Linux 8.0 以降
  • SUSE Linux Enterprise Server 12.5 以降
  • SUSE Linux Enterprise Server 15 以降
  • Ubuntu 20.04 LTS
  • Ubuntu 22.04 LTS
  • ALT 8 SP Server
  • ALT Workstation 10
  • ALT Server 10
  • GosLinux 7.17
  • RED OS 7.3
  • ROSA Cobalt 7.9
  • ROSA Chrome 12

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。