エクスポートファイルを Kaspersky Security Center Linux にインポート

2024年3月18日

ID 248973

管理対象デバイス、オブジェクト、および Kaspersky Security Center Windows からエクスポートされた設定に関する情報を転送するには、Kaspersky Security Center Linux または Kaspersky XDR Expert にインポートする必要があります。

移行ウィザードを使用して管理対象デバイスと関連グループオブジェクトをインポートするには:

  1. Kaspersky Security Center Windows と Kaspersky Security Center Linux の管理サーバーが階層構造にまとめられているかどうかに応じて、次のいずれかを実行します:
    • サーバーが階層に配置されている場合は、エクスポートの完了後に移行ウィザードの次のステップに進みます。このウィザード内でエクスポートが成功すると、インポートが自動的に開始されます(この手順のステップ 2 を参照)。
    • サーバーが階層に配置されていない場合:
      1. Kaspersky Security Center Linux または Kaspersky XDR Expert に接続されている Kaspersky Security Center Web コンソールを開きます。
      2. メインメニューで、[操作]→[移行]の順に選択します。
      3. Kaspersky Security Center Windows からのエクスポート中に作成およびダウンロードしたエクスポートファイル(ZIP アーカイブ)を選択します。エクスポートファイルのアップロードが開始されます。
  2. エクスポートファイルが正常にアップロードされたら、インポートを続行できます。別のエクスポートファイルを指定する場合は、[変更]リンクをクリックし、必要なファイルを選択します。
  3. Kaspersky Security Center Linux の管理グループの階層全体が表示されます。

    エクスポートされた管理グループのオブジェクト(管理対象デバイス、ポリシー、タスク、およびその他のグループオブジェクト)を復元する必要があるターゲット管理グループの横にあるチェックボックスをオンにします。

  4. グループオブジェクトのインポートが開始されます。移行ウィザードを最小化して、インポート中に他の操作を同時に実行することはできません。オブジェクトのリスト内のすべてのアイテムの横にある更新アイコン()が緑色のチェックマーク()に変わり、インポートが完了するまで待ちます。
  5. インポートが完了すると、エクスポートされた管理グループの構造(デバイスの詳細を含む)が、選択したターゲットの管理グループの下に表示されます。復元するオブジェクトの名前が既存のオブジェクトの名前と同じである場合、復元されたオブジェクトには増分サフィックスが追加されます。

移行されたタスクで、タスクを実行するアカウントの詳細が指定されている場合は、インポートの完了後にタスクを開いてパスワードを再度入力する必要があります。

インポートがエラーで完了した場合は、次のいずれかを実行できます:

  • 管理サーバー階層サポートを使用した移行の場合は、エクスポートファイルのインポートを再度開始できます。
  • 管理サーバー階層サポートを使用しない移行の場合は、移行ウィザードを開始して別のエクスポートファイルを選択し、それを再度インポートします。

エクスポート範囲に含まれるグループオブジェクトが Kaspersky Security Center Linux に正常にインポートされたかどうかを確認できます。これを行うには、[デバイス]セクションに移動し、インポートされたオブジェクトが対応するサブセクションに表示されるかどうかを確認します。

インポートされた管理対象デバイスは[管理対象デバイス]サブセクションに表示されますが、ネットワーク内では表示されず、ネットワークエージェントがインストールされて実行されていないことに注意してください([可視]、[ネットワークエージェントがインストールされています]、および[ネットワークエージェントが実行中です]列の値が NO)。

移行を完了するには、管理対象デバイスを Kaspersky Security Center Linux の管理下に切り替える必要があります。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。