タスク開始前のデバイスの自動起動

2024年6月17日

ID 3784

Kaspersky Security Center は、電源がオフになっているデバイスでタスクを実行しません。これらのデバイスの電源を、タスク実行前に自動的に電源をオンにするように、Wake-on-LAN 機能を使用して設定できます。

タスク実行前に、デバイスが自動的に起動するように設定するには:

  1. タスクのプロパティウィンドウで[スケジュール]セクションを選択します。
  2. デバイスの動作を設定するには、[詳細]をクリックします。
  3. 表示される[詳細]ウィンドウで、[Wake on LAN の機能を使用してタスク開始前にデバイスを起動する(分)]をオンにして、分単位で時間を指定します。

これにより、タスク実行前の指定した時間に、Wake-on-LAN を使用してデバイスが起動し、オペレーティングシステムが読み込まれます。タスクの完了後、デバイスユーザーがシステムにログインしてない場合は、デバイスが自動的にシャットダウンします。自動的にシャットダウンされるのは、Wake-on-LAN 機能を使用して起動されたデバイスのみであることにご注意ください。

オペレーティングシステムを自動的に開始可能なのは、Wake-on-LAN(WoL)標準をサポートするデバイスのみであることにご注意ください。

関連項目:

シナリオ:ネットワーク保護の設定

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。