管理グループの作成

2024年2月14日

ID 3181

選択した管理グループの階層は、Kaspersky Security Center のメインウィンドウの[管理対象デバイス]フォルダー内に作成されます。管理グループはコンソールツリーにフォルダーとして表示されます(次の図を参照)。

Kaspersky Security Center のインストール直後は、[管理対象デバイス]フォルダーには空の[管理サーバー]フォルダーのみ含まれています。

ユーザーインターフェイス設定で、[管理サーバー]フォルダーをコンソールツリーに表示するかどうかを指定します。このフォルダーを表示するには、メニューバーで[表示]→[インターフェイスの設定]の順に選択し、開かれる[インターフェイスの設定]ウィンドウで[セカンダリ管理サーバーの表示]をオンにします。

管理グループの階層の作成時に、デバイスと仮想マシンを[管理対象デバイス]フォルダーに追加したり、ネストされたグループを追加したりできます。セカンダリ管理サーバーおよび仮想管理サーバーを[管理サーバー]フォルダーに追加できます。

管理対象デバイス]フォルダーとまったく同様に、作成された各グループには、最初は空の[管理サーバー]フォルダーしか作成されていません。このフォルダーから同じグループのセカンダリ管理サーバーおよび仮想管理サーバーを操作します。このグループのポリシーとタスクに関する情報、およびこのグループに含まれるデバイスに関する情報は、このグループのワークスペース内の対応する名前のタブに表示されます。

管理グループ階層の表示

管理グループを作成するには:

  1. コンソールツリーで、[管理対象デバイス]フォルダーを展開します。
  2. 既存の管理グループのサブグループを作成するには、[管理対象デバイス]フォルダーで、新しい管理グループを含めるグループに対応するサブフォルダーを選択します。

    新しい最上位の管理グループを作成する場合は、このステップをスキップできます。

  3. 次のいずれかの方法で管理グループの作成を開始します:
    • コンテキストメニューで、[新規]→[グループ]の順に選択します。
    • メインウィンドウの作業領域の[デバイス]タブにある[新規グループ]をクリックします。
  4. グループ名]ウィンドウが表示されたら、グループの名前を入力し、[OK]をクリックします。

指定した名前の新しい管理グループフォルダーがコンソールツリーに表示されます。

Active Directory またはドメインネットワークの構成に基づいて管理グループの階層を作成することが可能です。テキストファイルからグループの構成を作成することも可能です。

管理グループの構造を作成するには:

  1. コンソールツリーで、[管理対象デバイス]フォルダーを選択します。
  2. 管理対象デバイス]フォルダーのコンテキストメニューで、[すべてのタスク]→[グループ構造の新規作成]の順に選択します。

新規管理グループ構造作成ウィザードが開始します。ウィザードの指示に従ってください。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。