管理コンピューター

2024年2月14日

ID 3307

管理者用ワークステーションは、管理コンソールがインストールされたデバイス、または Kaspersky Security Center Web コンソールを管理者が開くために使用するデバイスです。管理者は、これらのデバイスを使用して、クライアントデバイスにインストールされているすべてのカスペルスキー製品を一元的にリモート管理できます。

管理コンソールがデバイスにインストールされると、アイコンが表示され、ここから管理コンソールを起動できるようになります。アイコンは[スタート]→[プログラム]→[Kaspersky Security Center]メニューにあります。

管理コンピューターの数に制限はありません。任意の管理コンピューターから、ネットワーク上にある複数の管理サーバーで構成される管理グループを一度に管理できます。管理コンピューターは、任意の階層レベルにある管理サーバー(物理または仮想)に接続できます。

管理コンピューターは、管理グループにクライアントデバイスとして含めることができます。

任意の管理サーバーの管理グループ内で、1 台のデバイスが管理サーバーのクライアント、管理サーバー、または管理コンピューターとして機能できます。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。